*r01 設計にたずさわった建物たち

設計にたずさわった建物


いろんな建物を縁があって設計させていただきました。

ひとつひとつにたくさんの思い出があります。
そこには出来上がったときの満足感、達成感があります。時を経るごとに 自分が成長するにつれて、
こんなやり方もあったのでは?という思いもでてきます。
それは けっして、設計を後悔する建物ということではありません。

人、設計者として その時々に精一杯やったという充実感があるからです。

思いかえせば、その時にかかわった人達の事もかさなってきます。 

それは人が作っていくものであり、ハンドメイドの一点ものだからです。

だからこそ、 そこで工事にたずさわった人達、もちろん一緒に設計をやった仲間たち
それと理解ある施主の人達のことを、いろんな想い出とともに ずっと覚えています。
それは、とても素敵な事だとおもいます。 

だからこそ設計というしごとをやっていけていると思います。